車買取東京おすすめランキング査定高額TOP10!専門店の買取相場の調べ方はこちらから。

  

東京の車買取高額査定おすすめランキングBEST10!

東京でおすすめの車買取高額査定の業者をランキング形式で10店舗ご紹介しています。

1位 東京でおすすめの車買取店 「カーネクスト」

 

東京で1位のカーネクストなら車買取査定が電話1本で査定が完了してしまいます。
東京でどんな車でも高価買取が自慢の車買取店です。
来店不要で査定からご契約までできてしまうのも嬉しいポイントです!
実際に店舗に持ち込んでの査定や、ご自宅に伺っての実車査定などが一切要らないのは本当に助かります!
また契約後の引き取り時に現車に大きな相違がなければ減額もないので安心できます!
東京で一括査定などに申し込んだ場合などには複数業者から大量の営業電話がきてしまいますが、そんな心配も一切要らない所もカーネクストならではのポイントです!
例えば10年以上前のお車や、走行距離が10万キロを超える車でも心配いりません!様々な販路を有しているため、どんな車も高価買取が期待できると評判です。

 

車買取東京おすすめランキング査定高額TOP10!

 

 

2位 東京でおすすめの車買取店「車買取革命」

 

東京で2番目の「車買取革命」は、車を売りたい方への査定会社紹介サービスになります!
「車買取革命」のお申込みはとってもスピーディー!今すぐ45秒で簡単査定申し込み!フォームからお申込みでたった11項目入力するだけでという手軽さなんです!
東京でお客様の愛車に精通した専門業者を一社厳選し、査定に伺えるよう手配しているところもポイントです!
申込後に選定した業者より連絡がありますので、気兼ねなくご相談する事もできるので安心できます!
また78%以上の利用者が満足していると回答しています。さらに車に詳しくない女性の場合はなんと83%の方が満足している結果が出ている定評の高い車買取店です!

 

車買取東京おすすめランキング査定高額TOP10!

 

 

3位 東京でおすすめの車買取店「ENG」高額買取が自慢!

 

東京で3位のENGはアルファード、ヴェルファイア、エスティマ、ウィッシュを中心とした高価買取サービス専門店になります!東京ENGでは一般的な買取店と違い、直接自社での輸出を行っているのが最大の特徴です。年間およそ7,000台以上の実績も有り信頼できる買取店になります!
また海外輸出を前提としているので、日本国内の中古車買取相場が最も高値になるタイミングも、どの業者よりも早く知ることも出来るので買取金額に違います!
これまで得られた情報を基に、圧倒的な高額買取を実現するENG独自の査定システムを構築しているので、ご利用者の満足度も高いのモ最大のポイントです!

 

車買取東京おすすめランキング査定高額TOP10!

 

 

4位 東京でおすすめの車買取店 「セルトレ」

車買取東京おすすめランキング査定高額TOP10!専門店の買取相場の調べ方はこちらから。

 

東京で4位の「セルトレ」は「どんな状態の車両でも一括で買取査定ができるサービス」を展開しています。
東京で車を手放したいときに、買取査定に出したら良いのか?廃車にしたほうがいいのか?と悩む事も多いと思います。
セルトレでは車両に対して自動判定を行い最適な価格での買取をご提案してくれます。
他の買い取り店等では「買取不可による断り」や「引取りに多額の費用が掛かる」と言われるケースがありますがそんな他社だと残念な回答をされる車両でも、セルトレなら全力で0円以上での買取を行っていて安心感が高いです!

 

 

5位 東京でおすすめの車買取店 MOTA車査定<新しい一括査定>

車買取東京おすすめランキング査定高額TOP10!専門店の買取相場の調べ方はこちらから。

 

東京で5位の車取査定"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)自動車メディアサイトのトップクラスの「オートックワン」が運営する車買取サービスの『Ullo』です!
東京で高値の買取店とだけ交渉できるから安心菅が違います!さらにあなたの車を複数社がオンライン査定してくれるので買取金額が違います。また翌日には各社の査定額を画面上で手間いらずで一斉表示で確認する事ができます。 

 

 

6位 東京でおすすめの車買取店 革新的、中古車売却方法、SellCa(セルカ)

 

 

東京で6位 中古車の高額査定・買取ならSellCa(セルカ)で愛車をオークションに出品する事ができます。ユーザー自身が車をオークションに出品できるので余計な仲介料がかからないのも大きなアドバンテージです!
東京のあなたの車に全国にいる最大6000社以上のバイヤーが値付けを行います。どんな車でも競れば競るほど値段は上がってきます!これがオークションの一番の利点です!
面倒な手続きも一切不要で心配も要りません。SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了できてしまう手軽さで手間いらずなんです!  

 

車買取東京おすすめランキング査定高額TOP10!


 

 

7位 東京でおすすめの車買取店 ズバット車買取比較.com_

車買取東京おすすめランキング査定高額TOP10!専門店の買取相場の調べ方はこちらから。

 

東京で7位 大手を含む 100社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者を選ぶことができてしまいます!
あとは出てきた査定金額を徹底比較して、あなたの愛車の東京での最高価格が手軽に分かります!これで安く売ってしまう心配も無くなります! 

 

 

8位 東京でおすすめの車買取店 車買取の一括査定依頼申込み 査定比較.com

 

東京で8位の比較査定.comでは愛車の査定額を比較して高く売ることができます。全国での買取相場もすぐに分かる一括査定依頼が人気です!
現在参加している車買取業者は全国で284社になります。東京のお客様のエリアや条件に合わせ、参加車買取業者の中から最大10社へ査定依頼が可能です。 

 

車買取東京おすすめランキング査定高額TOP10!

 

 

9位 東京でおすすめの車買取店 ナビクル廃車買取 申込促進プロモーション

車買取東京おすすめランキング査定高額TOP10!専門店の買取相場の調べ方はこちらから。

 

東京で9位 事故車や故障車など、多くの買取実績ががあります!「低年式」「多走行」など、通常の買取業者で買い取れない車を、専門に扱っているのが特徴です。
東京で買取金額に不安のある車でもナビクル廃車買取を利用擦れば満足の買い取り金額が期待できるはずです! 

 

 

10位 東京でおすすめの車買取店 カービュー愛車買取無料査定見積申込獲得プログラム

 

東京でおすすめのヤフーグループの「カービュー」による中古車の買取査定を無料で複数社に一括依頼できるサービスです。高く売れる理由は、最大8社に一度に査定依頼ができてしまうからなんです。全国で査定会社も300社以上が提携しているのが高額買取の秘密になります!東京で愛車を高く売るアドバンテージになります!  

 

車買取東京おすすめランキング査定高額TOP10!

 

 

東京で買取業者に迷ったらカーネクストが一番おすすめです!

 

やっぱりカーネクストが東京で一番人気です!
どんな車も高価買取が電話1本で査定完了。来店も不要でお電話1本で査定からご契約までが可能です!
店舗に持ち込んでの査定や、ご自宅に伺っての実車査定などが一切要らないのが一番のポイントになります!現車に大きな相違がなければ減額もないので安心できますね!
東京で一括査定を利用すると複数の業者から大量の営業電話がきてしまいますが、そんな心配も一切要らない所もポイントが高いです!
また10年以上前のお車や、走行距離が10万キロを超える車でも心配いりません!様々な販路を有しているため、東京のどんな車も高価買取が期待できると評判が」高いです。

 

車買取東京おすすめランキング査定高額TOP10!

 

 

まとめ

 

東京で車買取高額査定の買取業者をランキング型式で10店舗ご紹介してきました。

 

どうしてもお乗りの愛車を高く売りたいとお考えであれば、
最低でも当サイトでご紹介している1位から3位の買取店の見積もりを比較することをおすすめしています。
やはり一つの買取店の見積もりだけで判断せずに、
車の買取金額の高い店舗の複数の見積もり金額を比較する事で確実に高い金額で
愛車を手放す事ができるはずです!

 

当サイトでご紹介した東京でおすすめの車買取業者ですが、
気になる買取店などがあればそちらの公式サイトをチェックしてみることをおすすめいたします!
さらに今後も新しい情報が入りしだいどんどんサイトを更新していきますので
このサイトをブックマークをしておく事をおすすめいたします!

 

またこちらの連絡先アドレスも運営者情報に記載していますので、
その他新しい情報をお持ちの方はご連絡いただけると嬉しです。
多少時間が掛かってしまう場合も想定されますが必ず返信いたしますのでぜひ宜しくお願いいたします!
当サイトでは東京で高く買取ってくれる車買取店をお探しの方に役立つ情報を常に
ご提供していきますので宜しくお願いいたします。

 

東京でおすすめの車買取店一覧

新宿区 渋谷区 品川区 目黒区 千代田区 中央区 港区 世田谷区 大田区 豊島区 文京区 板橋区 杉並区 練馬区 中野区 台東区 墨田区 江東区 荒川区 葛飾区 北区 江戸川区 足立区 

 

東京都タウン情報

東京都概要

東京都と周辺7県で首都圏を構成している。特に東京圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)の総人口は約3500万人に達し、日本の人口の約30%を占める[4]。東京都市圏の人口は世界最大である。

 

管轄する領域は東京都区部(東京23区)、多摩地域(26市[注 3]と西多摩郡3町1村)および東京都島嶼部(大島、三宅、八丈、小笠原)の4支庁(2町7村)からなっている。沖ノ鳥島、南鳥島を含む小笠原諸島を含むため、日本最南端および最東端に位置する都道府県でもある。東京都に対して公式に用いられる英語名称は"Tokyo Metropolis"である[6]。Metropolis自体に法令上の定義は存在しないが、一般には「(周辺都市に対する)中核都市・主要都市」「母都市(mother city)」「首都」の語義で使用される[7]。

 

人口は14,016,946人(2022年5月1日現在)。これは日本の都道府県の中では人口が最も多く、日本の人口のおよそ11%を占めている。人口密度も都道府県の中で最も高い。東京都を中心とする東京都市圏は人口3700万人を超える世界最大の都市圏である。日本の人口のおよそ3割が集中し、ポーランドやモロッコ、カナダなどの国の総人口に匹敵する。

 

東京は、江戸幕府が置かれたかつての江戸であり、徳川家康の都市計画によって大いに発展した。幕末の動乱を経て明治元年の文書から「東京」と表記されるようになった。1869年2月11日(明治2年1月1日)に平安京(京都)から遷都され(東京奠都、かつての首都の一覧も参照)、1878年(明治11年)に府制が施行されて東京府となった。第二次世界大戦中の1943年(昭和18年)7月1日、首都の行政機能を強化する目的から東京都制が施行された。これにより東京府と東京市が廃止され、これらを統合する形で東京都が設置された[8]。終戦後の1947年(昭和22年)の地方自治法施行に伴い、1943年以来の東京都制は廃止されたが、「東京都」の名称と行政区域は変更していない。すなわち、東京都制によって都の直轄とされた、旧東京市内に設置された区は、地方自治法施行によって特別地方公共団体たる特別区となって市に準ずる権限を付与されたものの、一部の事務や徴税権は引き続き都に留保された[注 4]。このため東京都庁は、今なお「23区を包括する市役所としての機能」と「県庁としての機能」とを併せ持っている。

 

東京都の議決機関として東京都議会が設置される。東京都の首長は東京都知事である。その権能は地方自治法によって定められており、選挙によって選出される。任期は4年。知事の補佐職として東京都副知事4名が置かれる。2017年(平成29年)4月時点で都庁の職員数(いわゆる「都の職員」)は、知事部局等の一般行政職員が約2万5千人、公営企業部門(交通・上水道・下水道)が約1万3千人。これに東京消防庁および警視庁の職員、東京都内の公立学校の教職員を加えると総計約16万8千人となる。

 

東京都庁舎(本庁舎)は長らく千代田区有楽町にあったが、1991年(平成3年)4月1日に新宿区西新宿へ移転した。移転に伴って地方自治法に従い条例が改正され、これ以降、都庁所在地は東京都新宿区西新宿二丁目となっている[10]。しかし、地図等の都庁所在地の表記は、便宜上「東京」が使用される[11]。国土地理院によると、東京以外の道府県庁所在地は市の名称を用いるのに対し、東京の場合は実際の所在地である新宿区を含めた23区をまとめて「東京」と表記する[12][注 5]。教科書でも国土地理院と同じく「東京」としているものが多い。特別区が市町村でないことに加え、市町村が持つ業務の権限の一部を有しないこと、区部がかつて東京市という1つの市であったことなどが原因とされる

 

日本の民間研究所が2016年に発表した「世界の都市総合力ランキング」では、ロンドンとニューヨークに次ぐ世界3位と評価された[15]。『エコノミスト』の調査部門、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットによる2019年度の調査では、東京都は「世界で最も住みやすい都市」の世界7位、アジア2位に選出された[16]。 また、アメリカのシンクタンクが発表した2020年の世界都市ランキング(GCI 2020)では、ニューヨーク、ロンドン、パリに次ぐ世界4位の都市と評価された[17]。イギリスの機関が発表している2021年の「世界金融センター指数」では、世界9位、アジア5位の金融センターと評価された。

 

東京都心は、かつての江戸にあたり、江戸幕府成立以来、日本の政治・行政の実質的な中心地であった。1868年に平安京から江戸に皇居や太政官などの首都機能が移動したとされ(東京奠都)、その後江戸を東京府と改称、名目的にも首都となった。大日本帝国期には帝都とも呼ばれる。太平洋戦争中の1943年に東京府と東京市が統合されて、改めて東京都が首都となった。戦後の1950年に東京都を日本の首都として、十分にその機能を発揮し得るよう首都建設法が施行されたが、同法は1956年に首都圏整備法の施行に伴い廃止された。このように首都建設法の廃止により東京都は、法的には日本の首都である根拠を欠くが、日本国政府の公式見解や公文書上は首都とされており、東京都に日本の中枢機能が存在している。2018年2月には衆議院議員逢坂誠二の質問[19]に対し、「首都を東京都であると直接規定した法令はないが、東京都が日本の首都であることは、広く社会一般に受け入れられているものと考えている」との政府見解が示された[20]。 また、首都圏整備法では、東京都は首都圏の一部とされており、東京都の公式英語表記「Tokyo Metropolis」の metropolis には「大都市、大都市圏」の他に「首都」の意味合いもある。 前述の通り、東京都を首都と直接規定するものは日本国憲法および日本の法律にはないものの、首都としてその中心部(特に東京23区)に、日本国政府の国会議事堂、内閣総理大臣官邸と主要省庁、最高裁判所を始めとした三権の中枢機関が置かれる。この他にも、法律によってその機関を東京都に置くと定められているものもある。

 

東京都の地形

区部の東部には、隅田川、荒川、江戸川、中川などの河口部に沖積平野が広がっている。地盤は軟弱であり、海抜ゼロメートル地帯も少なくない。南部の多摩川沿いの地域も低地となっている。区部の西部は武蔵野台地の末端部であり、いくつもの舌状台地が伸び、台地と低地が入り組んだ高低差のある地形となっている。臨海部は埋立地となっている。埋立は徳川家康の時代から始まったもので、現在は主に新海面処分場において廃棄物や建設残土の埋め立てが行われている。

 

多摩地域では、多摩川沿いの低地を中心として、北側は武蔵野台地、南側は多摩丘陵となっている。多摩西部には関東山地に含まれる山地がある。阿須山丘陵・笹仁田峠付近を北西端とし、金子台・箱根ヶ崎を経て、武蔵村山市三ツ木付近まで箱根ヶ崎断層の存在が確認されている。これ以外にも江戸〜東京は相模トラフ巨大地震など度々の大地震(元禄地震や安政江戸地震、関東大震災)で被害を受けている。

 

島嶼部には伊豆諸島と小笠原諸島が含まれる。いずれも火山活動によって形成された火山島である。伊豆諸島には活火山が多く、三宅島の雄山は2000年以降火山活動中である。また伊豆大島の三原山でも1986年に大規模な噴火活動が見られた。小笠原諸島の西之島も火山噴出物により島の面積が拡大している。

 

小笠原諸島は特有の生態系を持ち、「東洋のガラパゴス」と呼ばれる程貴重な動植物が多く、世界自然遺産に登録されている。

 

東京都の気候

日本国内における気候区分では23区?多摩東部および伊豆諸島は太平洋側気候、多摩西部などは中央高地式気候に属する。小笠原諸島は南日本気候である。特徴としては、四季の変化が明瞭であり、天気が日によって変化しやすい。夏季は高温・多雨となり、冬季は晴れて乾燥する日が多い。ケッペンの気候区分では東京都全体が温暖湿潤気候(Cfa)として分類されるが、あくまで世界基準の分類であるため、東京都の多様な気候を十分に説明できていない。

 

春は、天気は周期変化で、晴れる日が多いが、発達した低気圧が通過して天気が崩れることもある。寒冷渦の影響で雷雨になる時もある。梅雨の時季には梅雨前線に覆われ雨の降りやすい天気が続く。前半は弱い雨が中心だが、後半は強い雨が降りやすい。まれに空梅雨の年もある。夏は、太平洋高気圧に覆われて、晴れて湿度が高く暑い日が多く、雷雨も発生しやすい。ただし年によってはオホーツク海高気圧の影響で曇りや雨のぐずついた天気になる場合もある。

 

秋は、前半は秋雨前線の影響で雨が降りやすくなる。また台風が通過して暴風雨となることもある。後半は天気は周期変化となり、晴れる日が多い。冬は、西高東低の冬型の気圧配置になりやすく、晴れて空気が乾燥する日が多い。2月から3月にかけては南岸低気圧が通過しやすくなり、都心では数センチメートル程度の積雪となることがある。ただし、多摩地方では20センチメートル以上の積雪となることもある。雪が積もると交通機関の運行が乱れることもある。気象庁露場のあった大手町付近の観測によると、日本全国で最もヒートアイランドの影響が大きい。1920年代には、年間70日程度観測されていた冬日は少なくなり、熱帯夜の日数は3倍以上に増加している。また、冬場は南九州の鹿児島市や宮崎市よりも最低気温が高くなることもあった。那覇市を除いた全国の都道府県庁所在地の中では、横浜市、千葉市、神戸市、大阪市などと並び最低気温が最も高くなることも珍しくなかった。一方、内陸寄りにある練馬区のアメダス観測[注 7][25]地域では冬日は珍しくなく、新宿区や渋谷区などの都心部でも冬日の観測はよく見られる。また、気象観測所のある千代田区内においても大手町付近と気象庁露場の移転した北の丸公園とでは冬場の最低気温に違いが見られ、2012年1月の平均最低気温は大手町1.8℃に対し北の丸公園は0.4℃であり、冬日の日数では大手町3日に対し北の丸公園は11日である。これは、1月の気温に関しては練馬(平均最低気温?0.3℃、冬日17日)よりの気温である。これらの要因から、同じ都区内でも練馬区など内陸よりの郊外と中央区や千代田区などの臨海部との気温差が大きいことが分かる。さらに、江戸川区の沿岸部にも江戸川臨海という名でアメダスが設置されており、そこも大手町よりも冬の最低気温が低くなることが多く、冬の大手町のヒートアイランド現象が極めて著しいことを表しているが、東京都区部の天気予報で表示される気温はあくまで大手町の露場の気温が基準となっていた。
・都心部 - ヒートアイランドが顕著で、夏は日中も暑くなるが、夜の気温がとても高い。近年は温暖化が進み、熱帯夜が徐々に増えてきている。大手町時代だった2013年には最低気温30.4℃を記録した。冬の最低気温も高いが、北の丸公園移転後は大手町時代に比べて、年間の冬日が少し多くなっている。

 

・臨海部 - 羽田空港、お台場(臨海副都心)、葛西臨海公園などといった首都高速湾岸線沿いは東京湾に面しているため気温の年較差が小さい。夏の最高気温は都心よりも低く、冬の最低気温はそれより高く、冬日になることは珍しい。東京ディズニーリゾートがある千葉県浦安市も同様の気候となる。

 

・城南地域 - 基本的に都心とあまり変わらない。

 

・城東地域 - 足立区、葛飾区、江戸川区。都心とほぼ同じだが、冬の最低気温は都心よりも低くなることが多い。
城西、城北地域 - 世田谷区北、西部、杉並区、練馬区、北区北部などの地域は内陸部に位置しているため、都心とは異なり、内陸性気候となる。夏は暑さが厳しく、38℃前後まで上がることもある。反対に冬は放射冷却が強く、-5℃前後の冷え込みになることもある。北関東の前橋市よりも低くなることも少なくはない。また、都心が冷たい雨でも、当地域は雪になることが多い。2014年2月の大雪では、50-60cm前後の積雪になった場所が多かった。

 

東京都の歴史

第二次世界大戦中の1943年7月1日に、東京市と東京府が廃止され、東京都が設置された。初代東京都長官は、内務省出身の大達茂雄であった。第二次世界大戦末期の1945年3月10日には東京大空襲によって下町は焼失し、それに前後する空襲による被害も合わせて、東京市街の多くが「焼け野原」と化した。また、小笠原諸島の硫黄島では地上戦が行われ、日米両軍で多くの損害を出した。

 

戦後の政府は首都たる東京の復興を最優先し、東京都戦災復興都市計画では放射状に延びる幹線道路34路線や環状線8路線および、都内の道路の整備が計画されたものの、結局は挫折したとされる。1964年開催の東京オリンピックによって戦後復興は終結し、東京は高度経済成長の中で新しい日本の政治・経済の中心として大発展を遂げる。1962年には東京都の常住人口(夜間人口)が世界で初めて推計1千万人を突破[29][注 8]、経済面においても烈しい東京一極集中が進み、現在もこの傾向は加速する一方である。

 

また、東京都内でも新宿・渋谷・池袋などの都区内西部にあるターミナル駅周辺が副都心・繁華街として急速に発展した反面、浅草の衰退に象徴される都区内東部の停滞傾向が問題とされた。ドーナツ化現象により都区内人口は1966年の810万人をピークに緩やかな減少を始めた。一方、多摩地域では都区内への通勤者により急激な人口増が起こり、戦前には八王子市と立川市のみだった市の数が26にまで増加し、人口比も高まった。稲城市・多摩市・八王子市・町田市にかけて広がる多摩丘陵には多摩ニュータウンが建設され、それ以外でも農地や武蔵野の丘陵・森林・原野から団地など住宅地への転用が進められた。

 

1968年、小笠原諸島および火山列島が米国より返還され、東京都へ編入された。1991年には新宿に都庁新庁舎が完成し、東京の新たな象徴となり、新宿は「新都心」と称されるようになった。1999年に石原慎太郎が都知事に就任して以降は、品川、丸の内、汐留および臨海副都心などの都市再開発、幹線道路の整備が進められるが、区画整備は行われず複雑な道路事情となっている。超過密都市であるため、震災に対する全体としての不燃化や安全化などが都の条例などで進められている。

 

東京では高度経済成長期からバブル景気期にかけて賃金や資産価格の高騰が著しく進み、1980年代?1990年代には地価や物価が世界でもトップレベルであった。1990年代初めのバブル崩壊に伴い地価は暴落。1998年以降はデフレを背景に物価の下落が進み、為替レートの変動もあって、2010年代には既に世界のトップレベルの物価ではなくなっている[30]。東京の地価もバブル期以降長らく下落傾向にあったが、2012年頃には大半の地点で上昇に転じた。

 

東京都の人口

2020年(令和2年)10月1日時点の東京都の人口は、令和2年国勢調査によると1405万人である。これは、その前の平成27年国勢調査の「1352万人」と比べ、およそ53万人増えており、3.9%の増加であった。

 

年齢構成

高齢者

2010年(平成22年)時点で、東京都の高齢化率は20.4%であり、つまり高齢者が5人に1人に及んでいる[32](今後も老人人口が増えると見込まれ、2020年には、東京に住む4人に1人が高齢者になると見込まれている[32])。

 

一人暮らしの高齢者は、2010年(平成22年)時点で62万人[32](その10年後の2020年には80万人を超えると見込まれている。

年少者

東京都の年少者(0?14歳)人口は、すでに老人人口より小さい[32](将来的にも減少が見込まれる。

 

昼間人口・夜間人口、昼間流入人口

昼間人口と夜間人口

2015年(平成27年)時点で、東京都の昼間人口は およそ1,592万人。それに対して夜間人口は1,352万人[33]。これは、東京都内の職場へと通勤する人々や、都内の学校へと通学する人々によって、昼間の人口が増えているということを示している[32](昼間だけ、東京から周辺の都道府県へと通勤・通学する人々もいるが、その数よりも流入する人口の方が大きいので、差引して、昼間の方が241万人多い、という現象が起きている)。多摩地域と東京周辺県(隣接しない茨城県、栃木県、群馬県の南部を含む)には東京のベッドタウンが点在し、静岡県東部や新潟県南部などからの新幹線通勤者も存在する[34]。

昼間流入人口

区部への昼間流入人口は、1980年(昭和55年)に266万人だったのが徐々に増え、1995年(平成7年)に372万人とピークを迎え[32]、その後は徐々に減少し2015年(平成27年)に318万人になった[33]。昼間の流入人口が多いということは、それらの人々が区部で昼間に様々な活動(生産活動や消費活動)を行い活気を与えているという意味がある。だが、これは同時に、災害時には大量の帰宅困難者が生じるリスクを孕んでいることも意味する[32](東日本大震災の時には、東京都で約352万人が帰宅困難者になったと推計された(内閣府が2011年11月22日に発表したインターネット調査に基づく推計。

関連サイト